【保育士】40代にはきついし辞めたい!転職したいと悩んでいるあなたへ

保育士の悩み
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています
※アフィリエイト広告を利用しています

 

40代になって保育士の仕事がきついし辞めたい!

転職したいな。

保育士としての経験も豊富な40代。

まだまだ頑張りたいと思っていても、体や気持ちが思うようについていかず「きつい」と感じることもあると思います。

 

気持ちと行動が伴わなくなったり、ストレスや疲れの蓄積によって、「辞めたい!」と感じたこともありますよね。

あい
あい

私も年齢を重ねて、「この仕事ずっと続けられるのかな?」という不安を感じるようになりました。

この記事では、40代保育士がきついと感じる理由と、転職したいと思った時に取るべき行動についてお伝えします。

今後あなたがどう行動するべきかがわかりますよ。

 

スポンサーリンク

保育士が40代で「きつい!」と感じる原因は?

子ども達との直接関わるため、とても体力を使う保育士の仕事。

若くてもクタクタになって、休日は寝てばかり!なんてことも日常茶飯事です。

まずは、40代保育士が「きつい!」と感じる原因について解説します。

 

子どもの動きについていけない

子ども達は疲れ知らず。

「先生、鬼ごっこしよう!」「かくれんぼしよう!」「こっちきてー!」など、一日中振り回される事も多いので、体力的に子ども達についていくことが難しいこともあるかもしれません。

本当は「ちょっと待って!」「もう疲れた・・・」と言いたいけれど、子どもたちの前ではそんなことは言えないので、とても体力を使いますね。

 

仕事量が多くて毎日がハード

ただでさえ仕事量が多くてハードな保育士の仕事。

40代になり経験を重ねると、仕事の責任もさらに重くなってきますよね。

 

クラスリーダーとしてクラス運営を任されることはもちろん、後輩の指導や会議資料の作成、会議の進行など、様々な業務が増えていきますよね。

こんなに仕事量が多いと、毎日残業しなければ追いつかないのではないかと不安になりますよね。

 

行事の準備や練習に追われる

経験を重ねてくると、行事などでも頼られることが増えてきますよね。

立場的に断ることもできず、結果的に仕事量が多くなります。

 

運動会や発表会などの大きな行事の前には練習、準備がとても忙しくなります。

企画を考えたり、他のクラスの先生と共有したり、頼られる仕事も多くなってきますよね。

 

持ち帰りの仕事や残業が多い

仕事の責任が重くなると、やらなければいけない仕事も増えます。

 

日々残業して、仕事を片付けようと頑張っても、終わらずに家に持ち帰る…

残業と持ち帰りの仕事で、ひたすら時間に追われて働く毎日。

 

これでは、心も身体もクタクタに疲れてしまいますね。

 

スポンサーリンク

「もう辞めたい!転職したい」と思った時に取るべき行動

日々の仕事の忙しさで心も身体もクタクタ。

そんなことが続くと、「もう辞めたい!」と考えてしまいますよね。

 

ここからは、「きつい仕事から離れたい!辞めて転職したい!」と思った時にとるべき行動をお伝えしていきます。

 

行事のない託児所や小規模園に転職する

多くの子どもが通う幼稚園・保育園だと、毎月の行事、運動会、発表会など、たくさんの行事がありますよね?

それが負担な場合は、託児所や小規模園など行事のない園への転職を検討してみてください。

 

行事がないと、行事のための会議や準備、練習、行事当日の土曜日出勤なども減ります。

あい
あい

これだけでも負担が大きく減る!

小規模保育園や託児所などは、園庭などがなく、民家のような小さな施設で運営している所もありますよね。

そのような園に転職することで、負担を軽減することができますよ。

 

あい
あい

私の友人も、行事のない小規模園に転職しました。

行事の準備や練習に追われることがなくなり、とても快適に働けると言っていましたよ。

子どもの人数が少ないと、その分処理しなければならない書類や事務仕事も減ります。

そういう意味でも、子どもの人数の少ない園や託児所は狙い目ですね。

 

学童保育所で働く

保育士の資格を活かして小学生がいる「学童保育所」で働くのも一つの方法です。

小学生は幼児とは違って、自分たちで遊びを見つけて友達同士で楽しむことができます。

自分の身の回りのこともある程度は自分でできるので、オムツ交換や食事介助、抱っこやおんぶも不要なので体が楽ですよ。

 

私の働いている園の隣に、学童保育所がありますが、40代の方もたくさん働いていています。

「昔保育園で勤めていました」という方もいましたよ。

あい
あい

私も学童保育所で働いていましたよー!

保育園と違って抱っこやおんぶがないので、体力的に楽でしたよ。

私の働いていた学童でも、50代など年配の女性が多かったです♪

 

 

働きやすい学童保育所を探すなら、「はじめての学童指導員」という学童専門の転職支援サービスを使うのがおすすめです。

「はじめての学童指導員」では、人間関係が良くて休日が多い、働きやすい学童保育所だけを厳選して紹介してもらうことができるんです。

うさちゃん
うさちゃん

学童保育所への転職が初めてでも、失敗しにくい♪

まずはどんな求人があるか、気軽にチェックしてみましょう♪



 ▶︎▶︎はじめての学童指導員で求人を見る

 

派遣やパートで働く

「体力的にはきついけど、できれば保育園で働きたい!」と思うこともありますよね。

そんな時は、派遣やパートの働き方に変えるのも一つです。

 

責任も重く体力的にもきつい正社員フルタイム保育士より、派遣やパートに変更して勤務時間や事務量も減らしましょう。

責任が重いと、身体的・精神的な負担も大きくなります。

 

あなたの身体や心と相談して、無理のない道を見つけられると良いですね。

私の妻も保育士をしています。

30代ですが、責任の重さや仕事の多さから、契約社員に変えました。

精神的に楽になって、今では日々気持ち良く働けていますよ。

 

一口に「保育士」といっても、パートや派遣、 院内保育施設、子育て支援施設、学童保育、ベビーシッター、イベントシッターなどいろいろな働きかたがありますよね。

あなたの希望や体力面も考慮しながら、より働きやすい環境を探してみませんか?

 

異業種の仕事に転職する

ずっと動いていなければいけない保育士の仕事は、体力を大きく消耗しますよね。

体力的・精神的に辛いなら、体力を使わない異業種の仕事も検討してみましょう。

 

例えば、受付業務、事務職員、医療事務など・・・

あまり体を使わない仕事っていろいろありますよね。

 

今まで保育士の経験しかない場合は「保育の仕事しかできない!」「他には何もできない」と思ってしまいがち。

でも、何事もやってみなければ分かりませんよね?

あい
あい

年齢を理由にあきらめるのも、まだ早いです。

あなたにもできる仕事は必ずありますよ。

 

「保育以外は無理!」と決めつけずに、まずは何かできることを探してみましょう。

あなたに合うお仕事を探すためには、情報を集めることが大切ですよ。

 

うさちゃん
うさちゃん

いろんな求人の中から、あなたの希望に合う仕事、興味がある仕事を探そう♪

転職サービスを使って、効率よく自分に合う仕事を探していきましょう。
おすすめ転職サイトランキング↓
【2023最新版】転職サイト・エージェントおすすめランキング【あなたにもぴったりのものが見つかる!】
20代におすすめの転職サービスをまとめてご紹介します。まだ社会人経験が浅くスキルも少ない20代にとっては、転職サービスを使った方が有利な転職ができます。ここで紹介するサービスは全て無料なので、使わない手はないですよ。

 

転職サービスの「LIBZ(リブズキャリア)」なら、人と直接関わることが少ないリモートワークのお仕事など新しい働き方が中心。

また、単なる求人だけでなく、社員の男女比や年代の傾向など職場内のリアルな情報もチェック可能。

あなたに合う職場を探してみましょう。

 

▼働きやすい職場に出会える!

「LIBZ(リブズキャリア)」で求人を見る>>>

うさちゃん
うさちゃん

登録も利用も無料なので安心してどうぞ。

▼LIBZの口コミ・詳細はこちら

LIBZ(リブズキャリア)の特徴&使い方を紹介!利用料金はかかる?
LIBZ(リブズキャリア)の特徴や使い方が知りたい。 利用料金はかかるのかな? LIBZ(リブズ)は、旧「LiBzCARRER(リブズキャリア)」。 元々は女性に特化した転職サービスでしたが、現在は性別に関係なく利用できます。 フルリモート...
LIBZ(リブズキャリア)の口コミ・評判を調査!転職成功できる?
LIBZ(リブズキャリア)の口コミが知りたい。 利用者からの評判は良いのかな? 「LIBZ(リブズキャリア)」は、女性の転職に強く、リモートや時短など柔軟な働き方ができるお仕事が豊富な転職サイト。 ここでは、そんなLIBZの気になる口コミや...

 

スポンサーリンク

40代なら早めに行動を始めよう!

ここまで、「保育士を辞めたい」と思ったときに取るべき行動についてお伝えしてきました。

行動するなら、変わりたいなら、早めに動くことをおすすめします。

 

その理由をお伝えしますね。

 

気力体力は年々落ちていく

40代になると年々、気力体力の衰えを感じます。

決断が遅くなってしまうと、「転職したい!」「辞めたい!」という気持ちはあっても気力や身体がついていかないことも。

 

「思い立ったが吉日」という言葉があるように、ぜひ早めに行動してみてくださいね。

悩んで行動しないより、すぐに行動に移すことが大切ですよ。

 

年齢を重ねると転職が難しくなる

会社や企業も同じ資格、技能のある人なら年齢の若い方を採用したいと思うのが普通です。

年齢を重ねることで、だんだんと働ける場所の選択肢も狭くなってしまいます。

そうならないために、早めに決断しましょう。

でも、転職は不安。勇気がいるな。

確かに、転職には少々勇気がいるかもしれません。

実際に入ってみるまでは、細かい人間関係などわからない部分も多いのは確かです。

でも、怖がっていつまでも行動しなければ、いずれ歳を取ってから厳しい選択を迫られます。

 

それに、「辛いな、辞めたいな」と思いながら働く時間って正直もったいないですよね?

人生は長いようで短いもの。

やりたいことができる時間なんて、限られているのが現実です。

うさちゃん
うさちゃん

辛い仕事で消耗している暇はない!

どうせ辞めるなら、少しでも若いうちに早く辞める方が有利です。

1歳でも若い方が転職には有利なので希望する進路に進みやすいし、何よりあなたの大切な時間を無駄にせずに済みますよね。

 

転職に不安はつきものですが、転職サービスをうまく使うことで働きやすい場所に出会うことができますよ。

あい
あい

私も保育士専門の転職サービスを使って、保育士転職をしたことがあります。

ちなみに・・・せんとなび保育という保育士専門転職サービスなら、 仕事内容、待遇面、人間関係など気になるけど自分からは聞きにくいことも、コンサルタントに直接聞くことができます。

事前に、気になることや不安なことを相談できるので、入職後のギャップが小さくなりますよ。

 

\求人チェックから始めよう!/

せんとなび保育に無料登録する>>

 

無料で利用できるので、転職を少しでも考えているなら今すぐ無料登録して情報収集を始めましょう。

 

▼保育士におすすめの転職サービスはこちら

【2024】保育士向けおすすめ転職サービス3選!初めての転職でも安心【無料】
この記事では、保育士さんにおすすめの転職サービスを3つご紹介しています。 あい 初めての転職でも安心して使える、無料サービスばかりですよ♪ それぞれのサービスの特徴やメリットなどを分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。 ...

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ここでは、40代保育士が「きつい」と感じる理由と、転職したいと思った時に取るべき行動についてお伝えしました。

 

40代で「きつい」「辞めたい」と思った時に取るべき行動はこちら。

  • 行事のない託児所や小規模園に転職する
  • 学童保育所で働いてみる
  • 派遣やパートに変更する
  • 異業種の仕事に転職する

 

あなたの経験やスキルは、きっと他の場所でも役立ちます。

あい
あい

自信を持ってチャレンジしてくださいね。

あわせて読みたい

保育士専門の転職サービスは、あなたの強い味方♪

うさちゃん
うさちゃん

下記サービスはすべて無料です!

※同時に複数サイト登録しておくことで、求人の取りこぼしを防ぎましょう。

 

 

うさちゃん
うさちゃん

保育以外のお仕事を探すならこちら↓

▼柔軟な働き方ができる仕事が見つかる

「LIBZ(リブズキャリア)」で求人を見る>>>

 

「退職したいけど言い出せない!」

そんな時は、退職代行サービスがあなたの強い味方になってくれますよ。

辞めたいけど言い出す勇気がない時や、辞められそうにないときは活用してみてくださいね。

 

▼おすすめ退職代行サービス

【2024年版】 退職代行サービスおすすめ8選!あなたに合うサービスが見つかる
ここでは、2023年版おすすめの退職代行サービス8つを紹介します。 それぞれのサービスの特徴をわかりやすく解説していくので、あなたに合うものを見つけてくださいね。 気になるサービスがあったら、まずはLINEやメールで気軽に相談してみましょう...

 

当日の朝でも間に合う退職代行

【退職代行】当日の朝でも間に合う業者5選。今日から出社したくない!
今日から出社したくない!そんな時に使える退職代行サービスを紹介します。当日の朝でも間に合う退職代行サービス業者はどれ?と悩んでいる人には必見の内容です。当日の朝に退職代行を依頼するときの注意点もまとめているので、参考にしてみてくださいね。

 

▼人気の退職代行「OITOMA」に相談する

退職代行OITOMA>>>

 

関連記事

【限界保育士とは】保育士が精神的にきつい!もう限界!と感じる原因と対処法
保育士の仕事が精神的にきつい! もう限界を感じる。 教員じゃないけど、保育士も精神的にかなりきつい。7年働いたけど、もうやりたくない。。。 — やきいも (@minitaemi) November 29, 2020 専門職と言われるやーつは...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました